【F1:Rd.03】 第3戦 バーレーンGP 予選

バーレーンGP概要

今季第3戦は中東・バーレーンのバーレーン・インターナショナル・サーキットにて行われる。1周5.412kmのコースで、湿度が低く気温は高め。ドライバーへの負担がやや大きいサーキットである。

決勝は57周で争われ、日没からのスタートとなる『トワイライトレース』となっている。従って、レース開始直後と、レース終盤では気温・路面温度共に大きく変化するため、タイヤ、ドライビングでの対応力が問われるレースである。

Q1セッション

Q1セッション開始前の時点で、天候は晴れ、気温30℃、路面温度31℃。18分間のタイムアタックで、16~20位を決めるノックアウト方式。

まず、SauberのPascal Wehrleinがコースイン。シーズン直前のケガにより、第1戦、第2戦を欠場していたため、これが今季初のコースインである。また、チームメイトのMarcus Ericssonもコースに入っていった。

MercedesとFerrariはソフトタイヤ、その他のチームはスーパーソフトタイヤを選択してQ1に臨んだ。そのMercedesはまずValtteri Bottasが1:31.041のタイムを出し暫定首位に立つ。その後、チームメイトのLewis Hamiltonがこれを上回り、Hamilton、Max Verstappen (Red Bull)、Sebastian Vettel (Ferrari)、Bottasといった順。

残り時間4分となったところで、Kimi Raikkonen (Ferrari)がスーパーソフトタイヤを装着しコースイン。また、現在13番手にいるFernando Alonso (McLaren)もコースイン。熾烈なQ2進出争いが繰り広げられた。

Raikkonenは3番手のタイムを叩き出し、Alonsoは15番手で辛うじてQ1を突破。しかし、Stoffel Vandoorne (McLaren)は17番手でノックアウトとなった。Q1での脱落者は以下の通り。

Pos. Name Team Time
16 Carlos Sainz Toro Rosso 1:32.118
17 Stoffel Vandoorne McLaren 1:32.313
18 Sergio Perez Force India 1:32.318
19 Marcus Ericsson Sauber 1:32.543
20 Kevin Magnussen Haas 1:32.900

Q2セッション

Q2セッションは15分間のタイムアタックで、11~15位を決めるノックアウト方式。

各車次々にコースイン、タイムアタックが始まる。最初にタイムアタックを行ったのはBottas。1:29.555という好タイムを記録。しかし、直後にチームメイトのHamiltonに1:29.535と100分の2秒上回れ、逆転される。その後、Vettel、RaikkonenのFerrari勢が続く状態で、Q2セッションの終盤に入る。

しかし、Alonsoはタイムを出さないまま、既にガレージで車を降りてしまった。何かトラブルが起きているのだろうか。決勝レースに影響を及ぼさなければ良いが。

Lance Stroll (Williams)、Romain Grosjean (Haas)、Jolyon Palmer (Renault)、Nico Hulkenberg (Renault)、Daniil Kvyat (Toro Rosso)らによる激しいQ1進出争いが繰り広げられた。

その結果、Q2セッションで脱落となったのは以下の通り。

Pos. Name Team Time
11 Daniil Kvyat Toro Rosso 1:30.923
12 Lance Stroll Williams 1:31.168
13 Pascal Wehrlein Sauber 1:31.414
14 Esteban Ocon Force India 1:31.684
15 Fernando Alonso McLaren –:–

Q3セッション

Q3セッションは12分間のタイムアタックで争われ、ポールポジションから10番手までを決定する。ここまで、Mercedes勢、Ferrari勢が一歩抜きん出ているようだが、Q3セッションはどうなるか。

まず、Red Bullの2台がコースイン。続いて、Mercedesの2台、WilliamsのFelipe Massaとコースインしていった。

最初のタイムアタックでは、まずBottasが1:28.844のタイムを出し、続いてHamiltonが1:28.792で逆転しトップに立つ。

残り時間5分ほどとなって、Romain Grosjeanがコースイン。Renaultの2台はまだガレージの中。最後の1アタックに賭けるようだ。

残り3分、Renaultの2台がようやくコースイン。そしてRed Bull勢、Mercedes勢、Ferrari勢が後を追うようにコースインしてタイムアタックに入っていった。

ここでBottasが1:28.769でトップタイムをマーク!Hamiltonはセクター2でタイムを落とした影響でBottasに届かず、1:28.792で2位となった。Q3の結果は以下の通り。

Pos. Name Team Time
1 Valtteri Bottas Mercedes 1:28.769
2 Lewis Hamilton Mercedes 1:28.792
3 Sebastian Vettel Ferrari 1:29.247
4 Daniel Ricciald Red Bull 1:29.545
5 Kimi Raikkonen Ferrari 1:29.567
6 Max Verstappen Red Bull 1:29.687
7 Nico Hulkenberg Renault 1:29.842
8 Felipe Massa Williams 1:30.074
9 Romain Grosjean Haas 1:30.763
10 Jolyon Palmer Renault 1:31.074

この結果、BottasがF1キャリア初のポールポジション獲得となった。このまま、ポール・トゥ・ウィンで初優勝まで飾るのか、はたまた相方・Hamiltonがそれを防ぐのか、走破させ時とFerrari勢、Red Bull勢が奮起し逆転するのか。見所の多い、バーレーンGP決勝である。

スポンサーリンク
Sponsored Link