【Swallows】連敗を6で止める貴重なサヨナラ勝利!

4月13日(木) 対Dragons 2回戦(神宮球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Dragons 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 7 0
Swallows 0 0 1 0 0 1 0 0 1X 3 8 1

勝:秋吉(Swallows)2勝1S
負:岩瀬(Dragons)1敗
本:平田2号①(Dragons)、畠山2号①(Swallows)

Swallows先発ブキャナン、Dragons先発は今年から先発に転向した又吉。初回はどちらも一人は塁に出すも、後続を締め0点に抑える。

2回の表、Dragonsは先頭打者の5番・平田がレフトへソロホームランを放ち、1点を先制する。その後、井領がヒットを放つが、レフト・バレンティンがこれをファンブルし、2塁まで進ませる。京田、杉山と打ち取ったものの、2アウト3塁でピッチャー・又吉がサードへの内野安打を放ち、2点目。バレンティンのファンブルがなければ1点で抑えられていただけに、バレンティンの怠慢なプレーにはがっかりである。その分、打席で応えて欲しい

3回の裏、Swallowsは2アウトから山田、そして2年目の山崎晃大朗が連続ツーベースヒットを放ち、1点を返す。

さらに6回の裏、Swallowsはまたも2アウトから、畠山がレフトへ2号同点ソロホームランを放つ。

又吉、ブキャナン共に8回まで投げ共に2失点の好投。

9回表、Swallowsは秋吉がマウンドへ。3人でピシャリと抑え、裏の攻撃を待つ。

9回裏、Dragonsは『死神』岩瀬をマウンドへ。しかし、先頭の雄平がヒットで出塁。中村が送りバントを決め1アウト2塁。大引セカンドゴロの間に雄平は3塁まで進み、2アウト3塁のサヨナラのチャンス。ここでSwallowsは西浦に代わり代打・鵜久森。そしてDragonsは岩瀬から佐藤にスイッチ。しかし、鵜久森が期待に応えレフト前タイムリーヒットでサヨナラ勝利!!Swallowsは接戦をサヨナラでものにし、連敗を6で止めた。

2番、スタメンの2年目・山崎が2安打、5番・雄平が3安打と当たりが出てきた。ここから、どう連打を絡めて点を取っていくのか。3番を打っていた山田をトップバッターに起用し、バレンティンを3番に、4番に畠山など、大幅に打順を変えてきた。まだ、大きな結果が出ているわけではないが、チームの意識に変化が起きれば巻き返しが図れるかも知れない。

スポンサーリンク
Sponsored Link