【Swallows】中軸が打てないと勝てない

4月8日(土) 対Carp 2回戦(マツダスタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 0
Carp 0 2 0 0 0 0 0 0 X 2 6 0

勝:岡田(Carp)1勝
負:小川(Swallows)2敗
S:ジャクソン(Carp)1S

Carp先発は2年目の岡田。Swallowsの先発は小川。

2回裏、Carpはヒットと四球で2アウト1、3塁のチャンス。ここで1塁ランナーの安部がスチール!その間に3塁走者新井が生還し先制。さらに石原のタイムリーでこの回Carpが2点を先制する。

Swallowsは相変わらず拙攻続きで、8回まで2塁までランナーを進めたのが2度。チャンスが少ない。それでも最終回、岡田を攻め1アウト1、2塁としてマウンドから引きずり下ろす。その後、変わったジャクソンから代打・大松が四球を選び1アウト満塁。ここでさらに代打の鵜久森がレフト前タイムリーで1点を返し、なお、1アウト満塁で一打同点、逆転のチャンス!しかし、坂口、大引が敢え無く凡退し、ゲームセット。

小川は7回2失点で良く粘って投げていたと思う。というか、今季のSwallowsは投手陣が良く踏ん張っている。しかし、打線が全くそれに応えていない。今日の試合、クリーンアップ3人でヒット1本では、相手に威圧感も与えられないし、得点のチャンスも潰えてしまう。チーム全体でも打率.236はリーグ5位。チーム防御率はリーグ3位(3.30)と頑張っているので、打線が上向きになることを願うばかりだ。

また、機動力もあまり使えておらず、ここまで8試合で盗塁は僅かに2つ。もっと、ベンチが動いても良いのではないかと思う。このままずるずる行くようだとチームの雰囲気も悪くなる。いっそのこと、代打で起用している大松や鵜久森を先発で使うくらい、ちょっと思い切った娘とをしても良いかもしれない。

スポンサーリンク
Sponsored Link